ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲ|福岡県福岡市博多区

性犯罪の加害者・依存症の方(薬物使用など)・ひきこもり・暴力や虐待・その他の事柄、でお悩みのかた、ご相談ください。
If you are worried about sex offence, an addict (drug use etc.), withdrawal, violence, abuse, or anything else, please contact us.

英語対応可能です(English Available)。

HOMEお知らせ ブログ Blog ≫ 国境なき医師団「人道援助コングレス東京2020」参加報... ≫

国境なき医師団「人道援助コングレス東京2020」参加報告 Training Report

earth3_コピー
 11月26日・27日に、自身が登録を継続している国境なき医師団の開催するウェビナー「人道援助コングレス東京2020  https://www.msf.or.jp/congress」へ参加しました。
 「現在、難民・国内避難民の数は増加し、紛争の長期化が見られ、気候変動による影響やエボラ出血熱や新型コロナウイルスなど感染症の広範囲での流行も受け、人道援助の形態は多様化し、人道援助にかかる資金・人員も増大しています。また、自国第一主義の台頭、対テロ政策、国境封鎖による難民受け入れの停滞などにより人道援助の実施がより困難な状況に直面しています。このような状況において、人道主義、独立・中立・公平の原則に基づいた人道援助の観点から、人道援助において昨今注目されている問題について日本国内でもさらなる議論を行っていくことを目指し」今回の人道援助コングレス東京が開催されるに至ったようです。
 国境なき医師団の活動に参加するには、各ミッションに求められる経験やスキル、そしてオファーされるタイミング等がマッチする必要があり、それらが揃うことは難しいため最近は参加できておりません。そのため、この度のウェビナーに参加することで、日常生活に追われ視野を狭めがちな自分自身を省みる機会となりました。人は生まれてくる環境を選ぶことはできません。日本から遠く離れた土地で起こっている紛争や避難生活を余儀なくされている過酷な環境を決して他人事と捉えず、自分に出来ることは何だろうか、と考え続けていきたいという思いをあらためて強くしました。
 性犯罪や薬物使用、ドメスティックバイオレンス等の犯罪は、残念ながら遠い国の過酷な環境でも実際に生じています。当オフィスへ心理療法を求めて来所する性犯罪加害者、薬物使用やドメスティックバイオレンス等の問題を抱える方々等へ適切なサポートを行うことが今の自分に出来ることの一つであると信じ、加害者も被害者も出ない世界に近づくことを願い、今日もまたセッションに臨みたいと思います。
 
 On November 27th and 28th, I participated in the Webiner (Humanitarian Congress Tokyo 2020) held by Doctors Without Borders, which I continue to register.
「The number of refugees and internally displaced persons has been increasing in decades, and conflicts became more protracted than ever. The impact of climate change and widespread epidemics such as Ebola or COVID-19, among other factors, have diversified the forms and areas of humanitarian aid and increased the need for funds and staffing. In addition, the rise of nationalism, counter-terrorism policies, and the stagnation of refugee acceptance with the closure of national borders have made it even more challenging in recent years to provide humanitarian aid to the most vulnerable.The “Humanitarian Congress Tokyo” strives to contribute to the discussion in Japan about the challenges for humanitarianism and humanitarian aid, which is carried out based on the principles of independence, neutrality and impartiality.」
 In order to participate in the activities of Doctors Without Borders, it is necessary to match the experience and skills required for each mission, the timing of offer, etc., and it is difficult to have them, so I have not been able to participate recently. Therefore, by participating in this Webiner, it was an opportunity to reflect on myself, who tends to be overwhelmed by daily life and narrow my horizons. We cannot choose the environment in which we are born. I reaffirmed my desire to think about what I can do without considering the harsh environment that is occurring in a land far from Japan and being forced to live in evacuation as another person's affairs.
 Unfortunately, crimes such as sex crimes, substance use, and domestic violence actually occur even in the harsh environment of distant countries. Believing that it is one of the things I can do now to provide appropriate support to sex offenders, people with problems such as substance use and domestic violence, etc. who come to our office for psychotherapy, I hope to get closer to a world where there are no perpetrators or victims, and I would like to attend the session again today.
2020年11月28日 09:00

ふくおか心理教育オフィス
ヒュッゲ

Fukuoka Psychological Educational Office HYGGE

所在地(Location)
福岡県福岡市博多区 
※ご予約時に詳細をご案内します。

Hakata-ku, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
※Details will be provided upon maiking appointment.

オフィス専用電話 (Tel)
080-4693-4619

受付時間 (Hours)
9:00〜19:00

定休日 (Closed)
日曜・祝日
Sundays and Public Holidays

オフィス概要はこちら

モバイルサイト

ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら