ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲ|福岡県福岡市博多区

性犯罪の加害者・依存症の方(薬物使用など)、暴力や虐待・その他の問題行為(違法行為)、ひきこもり、などでお悩みのかた、ご相談ください。
If you are worried about sex offence, an addict (drug use etc.), violence, abuse, other problematic behaviors (illegal acts), or withdrawal,  please contact us.

英語での対応も行っています。(English Available)

HOMEお知らせ ブログ Blog ≫ 困ったときはお互いさまの精神で When times ... ≫

困ったときはお互いさまの精神で When times are tough, we should help each other

earth_コピー
 はじめに。今夏の豪雨により各地で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。
 被災された皆様が一日も早く平穏な生活に戻られますことをお祈り申し上げます。
 
 数日前、仕事の後に国境なき医師団のオンライン講演を視聴しまして、自分なりに思うところを書き留めてみます。

 アフリカ大陸に位置する南スーダン。世界の中でも新しい国の一つにおいて、ミッションの真っ最中である看護師さんと生中継でつながり、現地の様子を聞き、質疑を行う、あっという間の60分間でした。

 内戦を経て独立した後も国内の紛争は続いて、人々が安全とは程遠い生活を強いられています。人が人を追い詰めるという、悲しく憤る現実が日本から遠く離れた南スーダンにもあります。

 自分はそんな危険なところに住んでいないし知り合いもいない、日本は安全で本当によかった、というふうにだけ思ってしまう人もいるでしょう。僕にはその人を責める気持ちはありません。僕の中にもそういう気持ちが全くないわけではないから。ただ、自分さえ良ければそれでいい、そういう気持ちだけではいられずに心がざわざわとするのです。

 人は生まれてくる場所も時期も選べません。僕たちが、この国に生まれ、家族と食事をとり、教育を受けられ、必要な時には医療を受けられ、夜には自宅で休むことができる。そのほとんどは自分の努力により勝ち取り、選び取ったものではないように感じます。

 だから。

 この地球上のどこかで起きていることに少なくとも関心を持とう。そして、困ったときはお互いさま、の精神で自分に出来ることはなんだろうと考えて行動できる存在へと自分を近づけていければ、とあらためて思います。

 性犯罪、薬物使用、窃盗、暴力、詐欺など、やめたいけどやめられない問題行為(違法行為)でお悩みのかた、そのご家族の方々。困ったときはお互いさまです。やめる方法を共に考えてみませんか。お電話かメールでのお問い合わせをお待ちしております。
 
 We would like to express our deepest sympathies to those affected by the heavy rains this summer. We pray that all those affected by the disaster will be able to return to a peaceful life as soon as possible.
 A few days ago, after work, I watched Doctors Without Borders' online lecture and wrote down what I thought.
 During 60 minutes to connect live with a Japanese nurse in the middle of a mission in South Sudan located on the African continent, which is one of the newest countries in the world, listen to the local situation, and ask questions.
 Even after becoming independent after the civil war, domestic conflicts continue, forcing people to live far from safe. There is also a sad and angry reality in South Sudan, far from Japan, where people hunt down people.
 Some people may just think that they don't live in such a dangerous place, they don't have any acquaintances there, and Japan is safe and really good. I have no blame for that person. It's not that I don't have that feeling at all.However, as long as I am safe, that's fine...I can't just feel that way, my heart is buzzing.
 People cannot choose where or when they are born. We were born in this country, we can eat with our families, get an education, get medical care when we need it, and rest at home at night. But most of them have not come from our own efforts, nor have we chosen. I think that way.
 That's why.
 I will try at least to pay attention what's happening somewhere on this planet. And I would like to remind myself of what I can do in the spirit of "When times are tough, we should help each other", and to bring myself closer to being able to act.
 To those who are worried about problematic acts (illegal acts) that they want to stop but cannot stop, such as sex crimes, drug use, theft, violence, and fraud. Also to their family members. Why don't you think about how to quit together ? We look forward to hearing from you by phone or email.
2021年08月30日 09:00

ふくおか心理教育オフィス
ヒュッゲ

Fukuoka Psychological Educational Office HYGGE

所在地(Location)
福岡県福岡市博多区 
※ご予約時に詳細をご案内します。

Hakata-ku, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
※Details will be provided upon maiking appointment.

オフィス専用電話 (Tel)
080-4693-4619

受付時間 (Hours)
9:00〜19:00

定休日 (Closed)
日曜・祝日
Sundays and Public Holidays

オフィス概要はこちら

ブログカテゴリ

モバイルサイト

ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら