ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲ|福岡県福岡市博多区

性犯罪の加害者・依存症の方(薬物使用など)、暴力や虐待・その他の問題行為(違法行為)、ひきこもり、などでお悩みのかた、ご相談ください。
If you are worried about sex offence, an addict (drug use etc.), violence, abuse, other problematic behaviors (illegal acts), or withdrawal,  please contact us.

英語での対応も行っています。(English Available)

HOMEお知らせ ブログ Blog ≫ 研修報告(国境なき医師団オンラインイベント)人道援助に... ≫

研修報告(国境なき医師団オンラインイベント)人道援助に参加する理由 Training Report(Reasons to participate in humanitarian aid)

感情_コピー
 当オフィスをご利用の皆様
 ホームページをご覧の皆様

 まもなく立冬を迎え、寒さが増してまいります。引き続きご自愛ください。設立50周年を迎えた国境なき医師団(MSF:Medecins Sans Frontieres)のオンラインイベントを拝聴し、考えたことを記してみます。今回のイベントはMSFの活動現場を取材した作家・クリエイターのかたと、MSFの海外派遣スタッフが「なぜ人道援助をするのか」について、それぞれの活動経験を踏まえながら話し合うものでした。

 「なぜ人道援助に参加しようと思ったのですか?」「経歴・収入にデメリットがあるだけでなく、時には命の危険も伴うのになぜ?」などの質問に対して、「必要な援助を受けられずに困っている人がいるから」、異口同音、MSFの海外派遣スタッフは同じように答えます。職種は違えど、やはりみんな似てる、と感じてうれしくなりました。

 自分自身がなぜMSFの活動に参加したのだろうと振り返ると、自分さえ良ければそれで良い、という考えが蔓延する環境から脱却して生きたいと強く感じたことがきっかけでした。どこかに困っている人がいて、その人が必要とする援助を届ける条件が自分に備わっているなら地球上のどこへでも行こうと思い、MSFの審査を受けたことを昨日のことのように覚えています。

 今もその気持ちは変わりません。ここ数年、MSFのミッションとタイミングの合わない状況が続いていますが、日本での仕事に関しても同じような気持ちで取り組んでまいりました。性犯罪、薬物使用、窃盗、暴力、詐欺など、やめたいけどやめられない問題行為(違法行為)でお悩みのかたや、そのご家族の方々の必要とする援助を届けることができるよう、今後も研鑽を積んでまいります。
 お一人で悩むことなく、メールかお電話でお気軽にご連絡ください。
 
 Everyone who uses our office and everyone visits this homepage.
 It will soon be winter and the cold will increase. Please continue to love yourself.
 Here's what I thought about when I listened to the online event of Doctors Without Borders (MSF: Medecins Sans Frontieres), which celebrated its 50th anniversary. At this event, writers and creators who interviewed MSF's activity sites and MSF's expats discussed "why humanitarian assistance is provided" based on their respective activity experiences.
 In response to questions such as "Why did you decide to participate in humanitarian aid?" "Why are there not only disadvantages in career and income, but also sometimes life-threatening? Same sound. "There are people who are in trouble because they cannot receive the necessary assistance". MSF's expats answered in the same way. Although the occupations are different, I was happy to feel that we were all similar.
 Looking back on why I participated in MSF activities, I strongly felt that I wanted to live out of an environment where the idea that as long as I am ok, that is fine, period. If someone was in trouble somewhere and I had the conditions to deliver the help they needed, I thought I would go anywhere on the planet and was screened by MSF.
 I still feel that way. For the past few years, the timing of MSF's mission has not been right, but I have been working on my job in Japan with the same feelings. We will continue to study so that we can deliver the assistance needed by those who are worried about sexual crimes, drug use, theft, violence, fraud, and other problematic acts (illegal acts) that they want to stop but cannot stop, and their families continuing training to pile up. Please feel free to contact us by email or phone without worrying alone.
2021年11月03日 18:00

ふくおか心理教育オフィス
ヒュッゲ

Fukuoka Psychological Educational Office HYGGE

所在地(Location)
福岡県福岡市博多区 
※ご予約時に詳細をご案内します。

Hakata-ku, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
※Details will be provided upon maiking appointment.

オフィス専用電話 (Tel)
080-4693-4619

受付時間 (Hours)
9:00〜19:00

定休日 (Closed)
日曜・祝日
Sundays and Public Holidays

オフィス概要はこちら

ブログカテゴリ

モバイルサイト

ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら