ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲ|福岡県福岡市博多区

性犯罪の加害者・依存症の方(薬物使用など)・ひきこもり・暴力や虐待・その他の事柄、でお悩みのかた、ご相談ください。
If you are worried about sex offence, an addict (drug use etc.), withdrawal, violence, abuse, or anything else, please contact us.

英語対応可能です(English Available)。

HOME ≫ お知らせ ブログ Blog ≫

お知らせ ブログ Blog

開設から一年を迎えることができました It's been a year since it was opened

おじぎ_コピー_コピー
 昨春、コロナ禍と同時期に独立し、当オフィスを開設。組織という看板を手放した後も、果たしてご依頼をいただけるのだろうか、というような不安を常に抱えながらではありましたが、皆様のおかげで開設から一年を迎えることができました。誠にありがとうございます。

 自分は誰のためにこの仕事をしているのだろうか。治療場面で示す自分の一つ一つの言動は一体誰のためのものであるのか。この仕事を続けていくうえで忘れてはならない治療者自身への問いかけを持ち続け、四苦八苦して悩みながらも、より洗練された治療環境の提供を目指していきたい。こうして開設から一年を迎えて、あらためてそう思いました。

 性犯罪や薬物使用、窃盗や暴力など、やめたいけどやめられない行為で悩んでいる方々。大変な思いをしながら当オフィスへつながってくださる皆様が、再出発へ向けたアセスメントや治療を共に頑張ってみようと思っていただけるように、治療を受けることで被害を受けるかたがたが一人でも減るように、今後も研鑽を積んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 Last spring, we opened our office independently at the same time as the Corona disaster. Even after I let go of the signboard of the organization, I was always worried that I would be able to receive a request, but thanks to everyone, I was able to celebrate the year since the establishment. Thank you very much.

 Who am I doing this job for ? Who is each of my words and actions shown in the treatment scene for ? I would like to continue to ask myself as therapist, which I must not forget in continuing this work, and aim to provide a more sophisticated treatment environment while struggling and worried. In this way, I thought so again after the year.;

 People who are suffering from sexual crimes, substance use, theft, violence, and other acts that they want to quit but cannot quit. So that everyone who connects to our office with painful feelings will try to do their best in the assessment and treatment for a restart, so that the number of people who will be damaged by receiving treatment will be reduced as much as possible. We will continue to study."  
2021年04月12日 09:00

研修計画について About Training Plan

積み木_コピー
 当オフィスでは性犯罪だけでなく、薬物使用や窃盗、暴力など、やめたいけどやめられない行動で悩んでおられるかたへ心理的治療を提供してきました。主に小グループ形式の認知行動療法です。心理的治療を安定して提供するために、提供する側の私たち自身が心身の管理を行うことは勿論のこと、治療が効果的に提供できるようにしておくために研鑽を続けることはとても大切です。

 「私たちは目の前のかたのお役に立つために研鑽を続けないとなりません。研鑽を怠っていると、知らないうちに専門家ではなく普通の人になってしまうからです。」
 「資格取得後は毎年、どこかの学会か研修会などで発表すること。それは専門家としてのデューティー(義務)ですからね。」
 これらは20年ほど前に心理臨床家を志した頃、お世話になった大学院の教授や先達の先生からかけられた言葉です。当時は、大変な世界に足を踏み入れてしまった、と不安と負担を感じていましたが、これまで可能な限り続けてくることが出来ました。

 コロナ禍でも変わりなく、目の前のかたのお役に立てるよう、自身を振り返り、上達させ、必要なことを取り入れる姿勢を維持してまいります。そのために、今年度は認知行動療法のスキルアップセミナーへ毎月の参加、その他にグループの研究会や日本心理臨床学会、国境なき医師団のイベントへの参加、を予定しています。
 
 Our office has provided psychological treatment not only for sex crimes but also for those who are suffering from drug use, theft, violence, and other behaviors that they want to stop but cannot stop. It is mainly a small group type cognitive behavioral therapy. In order to provide a stable psychological treatment, it is very important for us, who provide it, to manage ourselves physically and mentally, and to continue studying to ensure that the treatment can be provided effectively.

 "We have to continue studying to help the person in front of us. If you neglect to study, you will become an ordinary person instead of an expert without knowing it."
 "Every year after getting a qualification, make a presentation at some academic conference or workshop. That is the duty as an expert."

 These are the words from the graduate school professors and ancestors who took care of me when I became a clinical psychologist about 20 years ago. At that time, I was worried and burdened that I had stepped into a difficult world, but I have been able to continue as much as possible.

 We will continue to look back on ourselves, improve ourselves, and maintain an attitude of incorporating what is necessary so that we can help the person in front of us, even if the corona is bad. To that end, this year we will participate in cognitive-behavioral therapy skill-up seminars every month, as well as regularly participate in group study groups and academic meeting of The Association of Japanese Clinical Psychology, Doctors Without Borders events.
2021年04月10日 09:00

「総額表示」の義務付けにつきまして Regarding the requirement of "Total Amount Display"

 日頃より当オフィスをご利用いただいている皆様
 ホームページをご覧いただいている皆様
 
 このたび皆様へ「総額表示」の変更をお知らせいたします。「総額表示」とは、消費者に商品の販売やサービスの提供を行う課税事業者が、値札やチラシなどにおいて、あらかじめその取引価格を表示する際に、消費税額(地方消費税額を含みます。)を含めた価格を表示することをいいます。

 「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法」(消費税転嫁対策特別措置法・平成25年10月1日施行)第10条で、二度にわたる消費税率の引上げに際し、消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保及び事業者による値札の貼り替え等の事務負担に配慮する観点から、総額表示義務の特例として、平成25年10月1日から令和3年3月31日までの間(注)、「現に表示する価格が税込価格であると誤認されないための措置」を講じていれば税込価格を表示することを要しないこととされてきました。

 当オフィスでは延長期間の期限を前に、設定料金につきまして税込価格を表示させていただきました。従来の価格表示と異なるためご覧頂いた際に驚かれるかもしれませんが、これまでのご利用料金と同様でございますので、表示の変更につきましてご了承いただけますようお願いいたします。

 この記事をお読みいただいている方々に、人知れず、性犯罪や薬物使用、窃盗など、やめたいけどやめられない行為でお悩みのかたがいらっしゃる時には、どうかお一人で抱え込まずに当オフィスへ一度お問い合わせください。

 
 To Everyone who uses our office on a regular basis, and people who visit our website

 We would like to inform you about the change in "Total Amount Display". Total Amount Display" means the consumption tax amount (including the local consumption tax amount) when a taxable business operator who sells goods or provides services to consumers displays the transaction price in advance on price tags, leaflets, etc. ) Is included in the display.

 "Special Measures Law Concerning Correction of Acts that Prevent Consumption Tax Pass-through to Ensure Smooth and Appropriate Pass-through of Consumption Tax" (Consumption Tax Pass-through Countermeasures Special Measures Law, enforced on October 1, 2013) No. 10 In 2013, as a special case of the obligation to display the total amount, from the viewpoint of ensuring the smooth and appropriate pass-through of the consumption tax and considering the administrative burden such as the replacement of the price tag by the business operator when raising the consumption tax rate twice. From October 1st to March 31st, 3rd year of Heisei (Note), it is necessary to display the tax-included price if "measures to prevent the actual displayed price from being mistaken as the tax-included price" are taken. It is not supposed to be done.

 
At our office, before the expiration date of the extension period, we have displayed the tax-included price for the set price. You may be surprised when you see it because it is different from the conventional price display, but since it is the same as the usage fee so far, please understand the change of the display.

 If you are reading this article and are unknowingly suffering from sexual crimes, drug use, theft, or other acts that you want to stop but cannot stop, please do not hold it alone and contact us once. give me.
2021年03月15日 09:00

東日本大震災から十年 Ten years after Great East Japan Earthquake

気仙沼小学校_コピー
 十年前の3月11日の午後、いつもより少し早めに職場を後にし、所属していた学会へ参加するために九州から関西へ向けて乗車していた新幹線が途中でスピードを落とし、しばらく停車しました。その時の車内アナウンスで初めて、東北地方で大地震と津波が起きたことを知り、メディアが発信する現地の様子を見ても信じられず、言葉を失い茫然として居たことを今でも鮮明に覚えています。
 
 その後、自分に出来ることはないのだろうか、いや現地で冷静に居られる自信もない自分が何をしても足手まといになる、しかし、自分の生活へ影響がなければそれでいいとは思えない…と内心でせめぎ合いながら二ヶ月が経とうとしていたところ、お世話になった大学院の教授からメールが届きました。現役院生と卒業生有志で構成する研究会のメーリングリストを介して現地で心理面の支援に入る人材を募る内容で、当時の私の心境を知った上で届いたかのようにも感じました。

 その教授は日頃から結核予防会という全国展開する健康支援の団体にかかわる立場で活動をしていて、震災後すぐに健康支援に入っている結核予防会の活動にプラスして心理面の支援を導入する必要性を感じている旨がメールに書かれていました。そのメールを読んでから1時間ほど一人で考え、その後、家族へ説明して理解を得、教授へ返信しました。心理支援に入らせてください、と。

 私を含め5~6人が手を上げ、交代で結核予防会のスタッフと共に現地に入るスケジュールが組まれました。それと並行して、当時の職場(精神科病院)に状況を説明し、1週間の有給休暇を取得することに承認を得て、業務調整を行い、宮城県気仙沼市へ向かいました。

 6月初旬の気仙沼では穏やかな夕日が入り江を照らしていましたが、当然ながら物理的にも心理的にも大きな爪痕が乗る状況。結核予防会に準備してもらえた滞在先で寝起きし、気仙沼市内の避難所数ヶ所を毎日巡回しながら、現地の皆様の心身の状態と、必要とされる事柄をPFA(心理的応急処置)のスタンスで把握し、他の支援機関との連携を図る一週間を送らせてもらいました。私はこの一週間の経験を忘れません。

 数年後、再び宮城県気仙沼市を訪れ、数日間滞在しました。簡単には移動できないコロナ禍となりましたが、十年前の大地震の影響を受け続けている方々のことを、ずっと思い続けています。そして、これからも、自分に出来ることは何だろうかと考え続け、行動に移してまいります。
 
 Ten years ago, in the afternoon of March 11, I left my workplace a little earlier than usual, and was in the Shinkansen, which I was boarding from Kyushu to Kansai to attend the academic conference I belonged to, slowed down for a while, and then it stopped. At that time, it was not until I heard the announcement in the car that I learned that a major earthquake and tsunami had occurred in the Tohoku region. I couldn't believe it when I saw the local situation in the media, and I was still speechless. I still vividly remember that.

 After that, I wonder if there is anything I can do, ...no, I am not confident that I can stay calm in the field. When two months had passed, I received an e-mail from a professor at the graduate school recruiting human resources to provide psychological support locally through the mailing list, and I felt that it arrived after knowing my feelings at that time.

 The professor is usually involved in the Tuberculosis Prevention Association, which is a nationwide health support organization, and tries to provide psychological support in addition to the activities of health support which alreasy started after the earthquake. After reading the email, I thought about it alone for about an hour, then explained it to my family, gained understanding, and replied to the professor asking to let me get into psychological support.

 A schedule was set up in which 5 to 6 psychologists including myself, took turns to enter the site with the staff of the Tuberculosis Prevention Association. At the same time, I explained the situation to the workplace (psychiatric hospital) at that time, obtained approval to take a week's paid leave, adjusted works, and headed to Kesennuma City, Miyagi Prefecture.

 A gentle sunset lit the cove in Kesennuma in early June, but of course there were large physical and psychological scars on it. While waking up at the accommodation prepared by the Tuberculosis Prevention Association, visiting several evacuation centers in Kesennuma every day, with PFA (Psychological First Aid) stance, I was allowed to spend a week trying to figure it out the physical and mental condition of the local people and what is needed. And collaborated with other support organizations. I will never forget this week's experience.

 A few years later, I visited Kesennuma City, Miyagi Prefecture again and stayed there for several days. Although it is difficult to move due to the corona wreck, I have been thinking about the people who have been affected by the great earthquake ten years ago. And I will continue to think about what I can do and take action.
2021年03月12日 09:00

2度目の緊急事態宣言解除に伴って With the cancellation of the second state of emergency

がんばろう5_コピー
 日頃より当オフィスをご利用いただいている皆様
 ホームページをご覧いただいている皆様
 
 予想もしなかったウィズコロナの生活が突然始まり、早いもので一年が過ぎようとしています。皆様とご家族様にお変わりはございませんか。
 これまで皆様と共に感染拡大予防のための術、命を守る術、その他にも日常生活にかかわる色々なことを模索しながら当オフィスでの心理臨床を行ってまいりました。いつからか当たり前だと思ったことは当たり前でなくなり、我々にとって本当に必要なものは何だろう、といったことも考える機会にもなっております。

 ウィズコロナの生活というのは、明らかに、そして時には知らず知らずのうちに私たちの心身へ影響を及ぼしてきました。その結果として、残念ながら依然として性犯罪や薬物使用、窃盗という違法行為も変わらず生じている現実がございます。
 ここ福岡では、昨日2月末をもち2度目の緊急事態宣言が解除されました。外国だけでなく、ここ日本でもワクチン接種がスタートするなど一年前とはくらべものにならない変化も起こっておりますが、引き続き感染予防を徹底した対応を心掛け、オンサイトとオンライン両方での対応を継続してまいります。また、勾留中などの場合は引き続き出張にて対応させていただきます。詳しくはサイト案内・サブメニュー・治療・支援の流れページより「社会復帰へ向けた支援」をご参照ください。

 人知れず、性犯罪や薬物使用、窃盗など、やめたいけどやめられない行為でお悩みのかた、どうかお一人で抱え込まずに当オフィスへ一度お問い合わせください。共に未曽有のパンデミックを乗り越えましょう。お待ちしております。
 
 To Everyone who uses our office on a regular basis, and people who visit our website
 Since the unexpected life of With covid-19 suddenly began, and a year has passed at the earliest. Hope you and your family has been safe and fine.
 
So far, we have been conducting clinical psychology at our office while exploring strategies for preventing the spread of infection, for saving lives, and various other things related to daily life. What we have taken for granted is no longer the norm, and it is also an opportunity to think about what we really need.
 The life of With covid-19 has clearly and sometimes unknowingly affected our mind and body. As a result, unfortunately, the reality is that sexual crimes, drug use, and theft are still occurring.
 Here in Fukuoka, the second state of emergency was lifted yesterday at the end of February. Not only in foreign countries, but also here in Japan, there are changes that are not comparable to those of a year ago, such as the start of vaccination, but we will continue to take thorough measures to prevent infection and respond both on-site and online. In case of custody etc, we will continue to respond on a business trip. For details, please refer to "Support for Returning to Society" on the Treatment / Support Flow page or Sub Menu or Guide.
 If you are worried about sexual crimes, drug use, theft, or other acts that you want to stop but cannot stop, please do not hold it alone and contact us once. Let's overcome an unprecedented pandemic together. We'll be expecting you.
2021年03月01日 09:00

年末年始受付期間のお知らせ Notice of Year-End and New Year business

aw_コピー
 日頃より当オフィスをご利用いただいている皆様
 ホームページをご覧いただいている皆様

 いつも大変お世話になりありがとうございます。
 誠に勝手ながら当オフィスでは年末年始の受付を以下の通りとさせていただきます。

 年末:2020年12月29日(火)通常通り19時まで
 年始:2021年  1月  4日(月)通常通り9時から


 ご不便おかけし申し訳ございません。
 受付期間外にいただきますお電話やメールによるお問い合わせにつきましては、1月4日(月)より順次対応させていただきます。

 世界中で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい続け、また今後は寒さの厳しくなる時期でございます。皆様くれぐれもご自愛くださいませ。
 来年も何卒よろしくお願いいたします。

 To Everyone who uses our office on a regular basis, and people who visit our website
 Our office will be taking the Year-End and New Year holidays on the following period.
 
 
Year-End:Until December 29th, 2020
 New Year:From January 4th, 2021


 We apologize for any inconvenience. Inquiries by phone or email outside the reception period will be handled sequentially from January 4th (Monday).
 The new coronavirus infection continues to rage around the world, and it is time for the cold weather to become more severe. Please take good care of yourselves. Thank you for your continued support next year..
2020年12月07日 09:00

国境なき医師団「人道援助コングレス東京2020」参加報告 Training Report

earth3_コピー
 11月26日・27日に、自身が登録を継続している国境なき医師団の開催するウェビナー「人道援助コングレス東京2020  https://www.msf.or.jp/congress」へ参加しました。
 「現在、難民・国内避難民の数は増加し、紛争の長期化が見られ、気候変動による影響やエボラ出血熱や新型コロナウイルスなど感染症の広範囲での流行も受け、人道援助の形態は多様化し、人道援助にかかる資金・人員も増大しています。また、自国第一主義の台頭、対テロ政策、国境封鎖による難民受け入れの停滞などにより人道援助の実施がより困難な状況に直面しています。このような状況において、人道主義、独立・中立・公平の原則に基づいた人道援助の観点から、人道援助において昨今注目されている問題について日本国内でもさらなる議論を行っていくことを目指し」今回の人道援助コングレス東京が開催されるに至ったようです。
 国境なき医師団の活動に参加するには、各ミッションに求められる経験やスキル、そしてオファーされるタイミング等がマッチする必要があり、それらが揃うことは難しいため最近は参加できておりません。そのため、この度のウェビナーに参加することで、日常生活に追われ視野を狭めがちな自分自身を省みる機会となりました。人は生まれてくる環境を選ぶことはできません。日本から遠く離れた土地で起こっている紛争や避難生活を余儀なくされている過酷な環境を決して他人事と捉えず、自分に出来ることは何だろうか、と考え続けていきたいという思いをあらためて強くしました。
 性犯罪や薬物使用、ドメスティックバイオレンス等の犯罪は、残念ながら遠い国の過酷な環境でも実際に生じています。当オフィスへ心理療法を求めて来所する性犯罪加害者、薬物使用やドメスティックバイオレンス等の問題を抱える方々等へ適切なサポートを行うことが今の自分に出来ることの一つであると信じ、加害者も被害者も出ない世界に近づくことを願い、今日もまたセッションに臨みたいと思います。
 
 On November 27th and 28th, I participated in the Webiner (Humanitarian Congress Tokyo 2020) held by Doctors Without Borders, which I continue to register.
「The number of refugees and internally displaced persons has been increasing in decades, and conflicts became more protracted than ever. The impact of climate change and widespread epidemics such as Ebola or COVID-19, among other factors, have diversified the forms and areas of humanitarian aid and increased the need for funds and staffing. In addition, the rise of nationalism, counter-terrorism policies, and the stagnation of refugee acceptance with the closure of national borders have made it even more challenging in recent years to provide humanitarian aid to the most vulnerable.The “Humanitarian Congress Tokyo” strives to contribute to the discussion in Japan about the challenges for humanitarianism and humanitarian aid, which is carried out based on the principles of independence, neutrality and impartiality.」
 In order to participate in the activities of Doctors Without Borders, it is necessary to match the experience and skills required for each mission, the timing of offer, etc., and it is difficult to have them, so I have not been able to participate recently. Therefore, by participating in this Webiner, it was an opportunity to reflect on myself, who tends to be overwhelmed by daily life and narrow my horizons. We cannot choose the environment in which we are born. I reaffirmed my desire to think about what I can do without considering the harsh environment that is occurring in a land far from Japan and being forced to live in evacuation as another person's affairs.
 Unfortunately, crimes such as sex crimes, substance use, and domestic violence actually occur even in the harsh environment of distant countries. Believing that it is one of the things I can do now to provide appropriate support to sex offenders, people with problems such as substance use and domestic violence, etc. who come to our office for psychotherapy, I hope to get closer to a world where there are no perpetrators or victims, and I would like to attend the session again today.
2020年11月28日 09:00

グループ臨床に関する研修報告 Training Report

多様性1_コピー
 心理臨床を開始した当時からお世話になっているグループの勉強会に参加しました。お世話になり始めて、もうかれこれ20年になります。今回はコロナ禍であることを考慮して、初めてオンラインで行われました。
 この会は、グループ臨床(いわゆる集団精神療法に限らずに人の集まる状況をグループと捉える)についての事例検討を、参加者全員でグループ体験をしながら行う、という非常にユニークな形態で継続されていて、サポーティブであることは勿論、とても学びが多く、長年支えられています。
 治療の場だけでなく、人が集まるところでは色々なことが起こり、渦巻いて私たちの心や体へと影響を与えます。そして時に、その集団内で自分らしく居る、ということが難しくなる状況も生じてしまいます。
 自分も人も大事に思えて、安心して集団に居続けることが出来る。それが誰にとっても可能な社会になるといいと願ってはいますが、そんなに大きなことを実現する力は私にはありません。でも、少なくとも目の前にいる方々と共にする小さな集団、小さな社会においては実現したい、というひそかな野望を抱きながら、最近の心理臨床である、性犯罪や薬物使用をやめたいと思ってもやめられないかたがた、のグループに臨みます。そしてまた、この勉強会で学び直すことをくり返していこうという気持ちをあらたにしました。
 
 I participated in a study session of a group that has been indebted since the beginning of clinical psychology. It's been 20 years since I started to be involved in this feild. It was done online for the first time thisi time considering that it was a corona wreck.
  This meeting was continued in a very unique form in which all participants conducted a group experience of case studies on group clinical practice (not limited to so-called group psychotherapy, but the situation where people gather as a group). As not only being supportive, but also very fruitful, I have been supported for many years.
  Various things happen not only in the place of treatment but also in the place where people gather, and they swirl and affect our mind and body. Sadly sometimes it becomes difficult to be ourselves in the group.
  I hope our society would be the one where it is possible for everyone to feel we all are important, and we can stay in the group with peace of mind, but I don't have the power to achieve such a big thing. However, I will continue to join groups of people who can't stop sexual crimes and substance use with the secret ambition that I want to realize IT in a small group, small society with the people in front of me. And again, I renewed my desire to repeat learning at this study session.
2020年10月16日 09:00

レターカウンセリング開始のお知らせ Notice of start of letter counseling

男女_コピー
 ご依頼をいただき、お手紙を手段とするレターカウンセリングを開始します。
 性犯罪などの問題行為による事件を起こして、来所による面談やテレビ電話をご利用になれないご状況(勾留中、刑事施設入所中など)にいらっしゃる方々を対象に開始することにいたしました。治療を必要とするかたの「もう繰り返したくない」「何とかして変わりたい」という意欲を社会復帰する日まで維持していただくためです。
 ご家族とご本人のご意向が確認できましたら、当オフィスより入所先の機関と確認をとり、所定の手続きを進めてまいります。詳しくはお問い合わせの段階でお伝えいたしますので、お気軽にご連絡ください。

 Upon request, we will start letter counseling.
  We have decided to start for those who are in a situation where they cannot use the videophone or interviews by visiting the office as they caused incidents such as sex crimes (during detention, in a penal institution, etc.). This is to maintain the motivation of those who need treatment, "I don't want to repeat it anymore" and "I want to change somehow" until the day when they return to society.
 After confirming the intention of the family and the person, we will confirm with the institution of the place of residence from our office and proceed with the prescribed procedure.
Please feel free to contact us as we will inform you about the details at the inquiry stage.
2020年09月28日 09:00

マインドフルネスに関する研修報告 Training Report

吹き出し_コピー
 先日、オンラインにて「働く人にとってのマインドフルネス」という研修に参加させていただきました。
 大学院の研究会メーリングリストで知ったこの研修は、IS技術者のためのPsytech2020研究会・基礎情報学研究会主催で約90分間、講義と実践を交えて実施されました。気がつくと、コロナ禍となり約半年間、久しぶりの研修受講です。
 企業や精神科領域、アスリートのトレーニングなど様々な分野で用いられているマインドフルネス。これまでにも幾つかの研修を受けながら、自分自身にしっくりくるかどうかを確かめ、臨床で用いるならどのように教示しようか、と試行錯誤してまいりました。この度の研修で新たな収穫がありましたので、自分自身がしっくりくるやり方で、性犯罪や薬物使用などやめたくてもやめられない行為で悩んでおられる方々の臨床にも私生活にも取り入れてみたいと思います。この度の研修でお世話になりました先生方、誠にありがとうございました。

 The other day, I participated in a training called "Mindfulness for Workers" online.
 This training, which I learned from the graduate school study group mailing list, was organized by the Psytech2020 Study Group and Basic Informatics Study Group for IS engineers for about 90 minutes with lectures and practice. It's been a while since I took the training last time under the affection of covid-19.
 Mindfulness used in various fields such as companies, psychiatry, and training for athletes. Through some training, I have tried and errored to see if it suits me and how to teach it if it is used clinically. This training has yielded a new harvest, so I would like to incorporate it into my clinical and personal life in a way that suits me. I appreciate all the teachers who took care of us during this training.
2020年09月25日 09:00

ふくおか心理教育オフィス
ヒュッゲ

Fukuoka Psychological Educational Office HYGGE

所在地(Location)
福岡県福岡市博多区 
※ご予約時に詳細をご案内します。

Hakata-ku, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
※Details will be provided upon maiking appointment.

オフィス専用電話 (Tel)
080-4693-4619

受付時間 (Hours)
9:00〜19:00

定休日 (Closed)
日曜・祝日
Sundays and Public Holidays

オフィス概要はこちら

モバイルサイト

ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら