ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲ|福岡県福岡市博多区

性犯罪の加害者・依存症の方(薬物使用など)、暴力や虐待・その他の問題行為(違法行為)、ひきこもり、などでお悩みのかた、ご相談ください。
If you are worried about sex offence, an addict (drug use etc.), violence, abuse, other problematic behaviors (illegal acts), or withdrawal,  please contact us.

英語での対応も行っています。(English Available)

HOMEお知らせ ブログ Blog ≫ 6月になると思うこと What I think in ... ≫

6月になると思うこと What I think in every June

夜空の星_コピー
 毎年6月になると思うことがあります。それは、現在の自分につながるきっかけとなったであろう出来事や人との出会いについて、です。
 国境なき医師団に登録後に熊本地震後の緊急支援へ、その数ケ月後に中東パレスチナにおけるメンタルヘルス支援へ派遣されたこと。そして、別記事に記載の通り東日本大震災後に宮城県気仙沼への心理支援に入ったこと。これら全てが6月だったわけではないのですが、不思議なもので、ふと思うのです。

 各地に関連するニュースだけがきっかけとなるのではなく、だんだんと上昇してくる気温や湿度、旬の食べ物や土・植物の香り、なども記憶を刺激してくるように感じられます。蒸し暑くて、体感としては不快なことが多い時期ですが、さほど苦にならないのも不思議です。

 この記事を書きながら各地の夜空に浮かんでいた月を思い出しました。気仙沼の入り江で、ラマダンの時期のパレスチナの住居の屋上で、南阿蘇の避難所からの帰り道で、眺めた月のこと。その土地で月を眺めていた時の気持ちも同時に思い起こされます。思い起こされるのはどちらかというと、大変だったり、どうすればいいかわからなくなっていたり、それでもなんとか踏ん張っていた、そういった時の気持ちの方が多いです。
 
 当時、オフィス設立を望んだり、考えたりしたことは正直一度もありませんでした。でも、当時の一つ一つの出来事、体験、出会い、が今の自分につながってきていると実感します。不思議なものですが、人生はこういう風に進んでいくものなのかもしれません。
 自分の人生ではありますが、これからの人生も予想できません。ただ、当オフィスへつながってくださる方々と、性犯罪や薬物使用などの問題行為を止めていく過程を、誠実に共にしたいとあらためてその気持ちを強くしております。どうかお一人で悩まずに一度お問い合わせください。
 
 What I think in every June is about the events and encounters that might have led to my current self. After registering with Doctors Without Borders, I was dispatched to emergency assistance after the Kumamoto earthquake, and a few months later to mental health assistance in Palestine in the Middle East. Then, after the Great East Japan Earthquake, which I wrote in another article, I provideed psychological support in Kesennuma, Miyagi Prefecture.
 Not all of these were in June, but I think of them misteriously. It seems that not only the news related to each place is the trigger, but also the gradually rising temperature and humidity, the seosonal food and aroma of soil, plants, etc. stimulate the memory. It's hot and humid, and it's often unpleasant to experience, but it's strange that it doesn't bother me so much.
 As I wrote this article, I remembered the moon floating in the night sky around the world. The moon seen on the roof of a Palestinian residence during Ramadan, seen in a cove in Kesennuma, seen on the way back from shelters in MInami Aso. At the same time, I remember how I felt when I was looking at the moon in that area. It's more of a feeling that I'm reminded of when it's hard, I don't know what to do, or I'm still struggling.
 To be honest, I never wanted or thought about setting up an office at that time. However, I beleive that each event, experience, and encounter at that time is connected to my current self. It's strange, but life may go on like this. The future life is unpredictable. However, I am reaffirming my desire to sincerely share the process of stopping problematic acts such as sex crimes and drug use with the people who visit our office. Please do not worry alone, try to contact us once.
2021年06月30日 09:00

ふくおか心理教育オフィス
ヒュッゲ

Fukuoka Psychological Educational Office HYGGE

所在地(Location)
福岡県福岡市博多区 
※ご予約時に詳細をご案内します。

Hakata-ku, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
※Details will be provided upon maiking appointment.

オフィス専用電話 (Tel)
080-4693-4619

受付時間 (Hours)
9:00〜19:00

定休日 (Closed)
日曜・祝日
Sundays and Public Holidays

オフィス概要はこちら

ブログカテゴリ

モバイルサイト

ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら