ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲ|福岡県福岡市博多区

性犯罪の加害者・依存症の方(薬物使用など)、暴力や虐待・その他の問題行為(違法行為)、ひきこもり、などでお悩みのかた、ご相談ください。
If you are worried about sex offence, an addict (drug use etc.), violence, abuse, other problematic behaviors (illegal acts), or withdrawal,  please contact us.

英語での対応も行っています。(English Available)

Brw

HOME ≫ 治療後の感想 Impressions after tr... ≫

治療後の感想 Impressions after treatment

◆20代前半・男性◆(行為の種類:強制わいせつ)Male Early 20s, Type of Action: Forced Obscenity

 約一年間を通して色々と相談に乗ってもらうことが出来ました。自分には、ここでしか話せないこと、相談できないことがあり、助かりました。また、自分と同じようなことで悩み、治そうとしている人たちと話し合いが出来ることも貴重な体験でした。

 気温が上がり、薄着の時期になると、つい服の中身を想像してしまうことは今でも正直あります。前は想像するだけで抑えられずに行為へ移してしまっていました。でも今は、同じ状況でも立ち去ることが出来るようになりました。今度やってしまったらどうなる?悲しむ人が増えはしないか?本当に手に入れたいことは何か?など自分の中で問答することで、行為を思いとどまることが出来ているからです。

 こちらで学んだ認知の再構成やコーピングを実践して、それが上手くいっていると思いますので、これからも続けていきます。本当にお世話になりました。


 I was able to get various consultations throughout the year. I was saved because there were things I could only talk about here and I could only talk to them here. It was also a valuable experience to be able to talk with people who are suffering from problems similar to mine and are trying to overcome them.

  It is still to imagine the contents of clothes when the temperature rises and it is time to wear light clothes. Before, I couldn't control it just by imagining it, and I took action. But now I can leave in the same situation. What if I do it next time? Will more people be sad? What do you really want to get? I can ask myself in this way, and I can stop action.

  I have practiced the cognitive reconstruction and coping that I learned here, and I think that is going well, so I will continue to do so. Thank you very much for your help. 

◆20代後半・男性◆(行為の種類:迷惑防止条例違反、強制わいせつ)Male Late 20s,  Type of Action: Forced Obscenity

 治療を開始することになった一年前の自分と比べると、再犯のリスクを下げることが出来るようになりました。認知行動療法を通して、自分がどういった時にリスクが上がるのかを把握して対処したり、別の考えを取り付けて、代わりになる発散方法を見出して、それを繰り返し日常生活の中で実践してきたからだと思います。

 認知行動療法は、性犯罪に限らず、日常の些細な小競り合いを減らすことにも役に立っています。感情的になって殴りたいと思った時とか、辛辣なことを言いたいと思っても、言ったら相手はどう思うか、殴ったらどうなるだろうとか、相手の気持ちや結果を考えたりして行動を変えるというように、治療を応用することができはじめました。

 これから治療を受けようと考えている方々へ。
 おそらく、受けるだけでは治療の効果は上がりません。学んだ知識を日常生活で実践して、こんなにストレス溜まっていたけど性加害せずに済んだ、出来た、という成功体験を作ることの積み重ねが効果を上げるという風に感じました。ぜひ、治療を受けるだけじゃなくて、日常で取り組んで自信をつけて下さい。せっかくお金も時間も使っているので、そこまでやってみて欲しいと思います。
 

 I am able to reduce the risk of recidivism compared to myself a year ago when I started treatment. Through cognitive-behavioral therapy, I have grasped and dealt with when the risk increases, attached another idea, found an alternative divergence method, and repeatedly practiced it in daily life. I think it's the body.

 Cognitive-behavioral therapy is useful not only for sex crimes, but also for reducing daily trivial skirmishes. Even if you want to be emotional and want to hit, or if you want to say something bitter, I try to think of the other person feels, what will happen if I hit, and change my behavior. That's how I began to be able to apply the treatment.

 For those who are thinking of receiving treatment from now on.
 Perhaps just receiving it will not improve the effectiveness of the treatment. I felt that the accumulation of successful experiences of putting the knowledge I learned into practice in my daily life and creating a successful experience that I was able to do without sexual harm even though I was so stressed would be effective. By all means, please do not just receive treatment, but work on a daily basis to gain confidence. As we spend a lot of money and time, so I'd like you to try that much.

◆ご家族(父親)◆Family(Father)

 正直に言いますと、息子の治療だけを引き受けてもらえればいい、家族が治療に参加することなどはお願いしていない、と最初は感じていました。他の家族と話をすることや、家族としての今後の関り方を考えることなど必要ないという考えと、話し合いへの苦手意識がそうさせていたと思います。今でも苦手意識はなくなっていませんが、家族のための場が必要ないという考えは持っていません。本人が嫌がらずに治療を続け、少しずつ変化していくなかで、私自身も家族として苦手なことから逃げずに取り組んでみようと思わされました。

 家族の日(家族会)はコロナ禍でグループ形式から個別面談へと移行したことも私にはちょうど良かったです。これまでは、何度約束をしても再犯を繰り返す息子を𠮟りつけるだけでしたが、なぜやってしまうのかという視点で考えてみたのは初めての経験でした。とても新鮮でした。一区切りの10回を終え、治療を一旦終えて私たち家族だけでやってみる選択をしましたが、不安になったときには再び相談に乗ってもらえると聞き安心しています。世の中には私と同じように感じ、同じように行動している家族も多いはず。迷っていたら一度、相談してみることをお勧めします。


 To be honest, at first I only wanted them to take care of my son and I did not want to participate in the treatment. I did not need to talk to other family members or think about how we will be involved as a family. I think it related to my weakness in discussions. I'm still not good at it, but I don't have the idea that I don't need a place for families. While my son continued the treatment without dislike, change has come little by little, I finally decided to work on it without running away.

 It was also good for me that Family Day (Family Meeting) changed from a group format to an individual interview due to covid-19. No matter how many promises we made, my son repeatedly committed recidivism, so I only angered him. This is the first time I have thought about the reason why my son would do that in a family interview. After finishing 10 times sessions, we chose to finish the treatment and try it on our own, but I am relieved to hear that if we feel uneasy, we will be able to consult them again. There must be many families in the world who feel and act in the same way as I did. If you are in doubt, I recommend that you consult with them once.

◆ご家族(母親)◆

準備中…

in preparation...

ふくおか心理教育オフィス
ヒュッゲ

Fukuoka Psychological Educational Office HYGGE

所在地(Location)
福岡県福岡市博多区 
※ご予約時に詳細をご案内します。

Hakata-ku, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
※Details will be provided upon maiking appointment.

オフィス専用電話 (Tel)
080-4693-4619

受付時間 (Hours)
9:00〜19:00

定休日 (Closed)
日曜・祝日
Sundays and Public Holidays

オフィス概要はこちら

ブログカテゴリ

モバイルサイト

ふくおか心理教育オフィス ヒュッゲスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら